台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム

台湾のワーキングホリデー
臺灣的度假工作証

台湾のワーキングホリデーガイド

台湾でこれからワーキングホリデービザを使って渡航したい人のための「ワーキングホリデーガイド」です。就学は?就労は?どんな仕事が探せる?いくら稼げる?など、これからワーキングホリデーで台湾への渡航を考えている方はぜひご参考下さい。

ワーキングホリデービザについて

ワーキングホリデービザは日本国籍を有する方なら18歳~30歳まで申請可能なビザです。
ワーキングホリデービザは必ず日本国内にある「台北駐日経済文化代表処(台湾の大使館のような役割)」で申請する必要があります。そのため現在観光ビザや学生ビザで台湾に行かれている方は、一度日本に帰国してから申請しなくてはなりません。ビザ発行は半日~1日ほどで完了しますが、余裕をみて申請~発行されると良いです。
ワーキングホリデービザについて詳しくは「台湾のビザ」ページをご参照下さい。

語学学校に通える期間について

台湾のワーキングホリデービザで最も注意していただきたい点は、ワーキングホリデーで語学学校に通える期間は3ヵ月までということです。
それ以上の期間語学学校へ通いたい場合は、ワーキングホリデービザではなく、「学生ビザ(停留ビザ)」を取得しましょう。しかし「学生ビザ」は滞在が2年目以降でないと就労はできないので、ご注意ください!
そのため、まずは自分が台湾へ行く目的が「語学メイン」か「就労メイン」か考えてみましょう。中国語をしっかり勉強したいなら「学生ビザ」、海外で仕事の経験を積みたいなら「ワーキングホリデービザ」というように、自分の目的に合わせたビザの申請が必要です。

就労について

台湾のワーキングホリデービザは、就労の期間や時間数、職種等の制限は特にありません。
したい仕事を好きな時間だけすることができますが、やはり風俗関係に関わる仕事は一切認められておりません。見つかった場合、即強制送還となることもあり得ますので、渡航中の安全のためにもこうした仕事はされないようご注意ください。

ワーキングホリデー中にできる仕事

どんな仕事ができるか、これはやはり中国語力が高ければ高いほど、選べる幅が広がります。
だからと言って中国語全くの初心者でも、仕事をすぐに見つけることはできます。台湾には日本人経営のレストランや居酒屋がたくさんあります。そちらでは中国語の能力はあまり関係がなく、ワーキングホリデービザを持っていれば、すぐに働くことが可能です。
もちろん、せっかく台湾へ来たんだから「中国語を使う仕事がしたい!」という方は、とにかく初めはまず中国語を必死で勉強して下さい。台湾には日系企業の台湾支店も多く進出していますので、中国語力が上がれば、翻訳や簡単な通訳の仕事を見つけることができるかもしれません。

ワーキングホリデーの給与

仕事によって異なりますが、台湾のアルバイトの平均的な時給はNT$120~NT$150ぐらいですので、日本円で約450円~550円です。台北ではこのぐらいですが、南部へ行くともう少し少なくなります。少なく感じますが、その分物価も安いです。台湾での1日の食費は約NT$200(約750円)ですので、滞在中の食費と雑費ぐらいはカバーできるはずです。滞在費とまでなるとさすがにアルバイトではカバーしきれないかもしれません。日本である程度資金を用意してから渡航しましょう。

どんなことにチャレンジできる?

台湾のワーキングホリデービザは1年間「就学」「就労」「観光」となんでもチャレンジできるとても便利なビザです。最初は語学学校で3ヵ月間中国語を勉強し、そこでできた友人と台湾の国内旅行へ行ってみるのも良いかもしれません。台湾の南部や離島など短期間の旅行ではなかなか行けない場所も、ワーキングホリデー中ならゆっくり時間をかけて行くことができます。一通り旅行を楽しんだら、台湾で働く経験をしてみるのも良いです。日本食レストランや日系会社の事務などは比較的簡単に探すことができます。ワーキングホリデー中に様々な経験をして、たくさんのものを得て来て下さい。


台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日)