台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム

台湾の台湾語
-臺灣的臺語-

台湾の台湾語について

 台湾では主に中国語(国語)と台湾語(台語)が話されています。台湾では中国語は「国語」や「台湾華語」と呼ばれています。公用語は中国語ですが、家庭では台湾語を使っている家庭もあります。主に年配の方や南部では台湾語を話す人が多く、逆に台北や若者の中には全く話せない方もいます。台湾には他にも数多くの原住民の言語があります。

 台湾語は日本でいうところの「方言」のような感覚です。例えば沖縄の方は標準語も話せますが、家族と話すときは「琉球弁」を話すのと同じ感覚です。台湾でもお年寄りほど流暢に台湾語を話せますし、標準語を話していても少し「台湾語訛り」になっている方もいます。最近では台湾語を話さない家庭もあるので、若い方で全く台湾語が話せない人もたくさんいます。
 台湾留学ではもちろん「中国語」を勉強するので、台湾語を勉強することはありませんが、学校によって選択授業で受けられる場合があります。例えば日本でも外国人が方言を話すとなんだか面白いように、留学生が台湾語を話すとすごく喜ばれます。そのため滞在中に一言、二言覚えて披露してみましょう!

簡単な台湾語あいさつ

日本語 中国語 台湾語
こんにちは 你好(ニーハオ) 你好(リーホゥ)
ありがとう 謝謝(シェシェ) 多謝(ドーシャー)
ごめんなさい 對不起(ドゥイブチー) 拍謝(パイセ)

台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日)