台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム

持ち物リスト
必帶東西

持ち物リスト

 台湾留学経験者による「台湾留学に必要な持ち物」を重要度別にリストアップしています。
留学準備のご参考にどうぞ!

絶対持って行くべきもの 重要度★★★★★

パスポート 有効期限にご注意下さい。最初はコピーが必要な場面が多いので写真ページのコピーも用意しておいて下さい。
クレジットカード 台湾はカード文化で、コンビニやスーパー等様々な場所で使えます。
国際キャッシュカード 台湾にいても日本の銀行口座から現地通貨で引き出せるためとても便利です。
事前に設定等が必要な場合がありますので、渡航前に各銀行でお確かめ下さい。
写真付き身分証明書 基本的にパスポートでも大丈夫ですが、パスポート以外にと言われた際、
免許証や日本の学生証等があった方が良いです。
また日本の免許証は代表所で簡単な手続きをすると台湾でも運転できるようになります。
重要書類のコピー 海外旅行保険証書、入学許可書やその他ビザ申請に使った書類のコピーなど

持って行った方がいいもの 重要度★★★★

スマートフォン 日本では2015年以降販売されたものはSIMロックがかかっていないため、台湾でSIMカードを買えば使用できます。
台湾は無料のWi-Fiサービスが多く、カフェや公共機関でも使えるため、持って行くと便利です。
パソコン/タブレット  スマートフォンがあればいいかもしれませんが、宿題でレポート等を書くとき便利です。
また中国語のタイピング練習にもなるので役に立ちます。
辞書/電子辞書 スマートフォンでも良いですが、授業中は使い辛いので辞書を持って行った方がいいです。
電子辞書はもちろん便利ですが、ポケット辞書など小さいものを一冊持って行ってもいいです。
中国語参考書 日本語で文法の説明や解説を知りたい時にはやはり便利です。
台湾でも紀伊国屋書店やジュンク堂がありますが、日本より価格は割高です。
常備薬 風邪薬、胃薬、酔い止めなど飲み慣れているものを持って行きましょう。
最初の頃は体が環境に慣れず体調を崩しやすいので、普段健康な方でも持って来て下さい!
乗り物に酔いやすい方は酔い止めを!こちらのタクシーやバスはかなり揺れます…。
虫除け やはり暑い国なので蚊は多いです。虫除けやかゆみ止めなどあまり売っていないので持ってきましょう。

持って来てもいいもの 重要度★★★

ガイドブック 台湾は長距離の移動でも交通費が安いので、台北に住む予定の方も、
台中や台南の情報も載っているものを買って、週末プチ旅行を楽しんでください。
爪切り/耳かき 台湾でももちろん売っていますが、爪切りは日本のものの方が切れ味がいい気がします。
耳かきは日本の木やプラスチック製のものと違い、鉄でできていてちょっと使いにくいです。
エチケットカッター とてもよく聞く話なのですが、台湾に来ると鼻毛がとても伸びやすいようです!
気候のせいか空気のせいか分かりませんが、男性留学生は持ってきた方が良いでしょう。
下着 特に女性の方ですが、台湾では下着の試着ができるお店が非常に少ないです。
また台北は冬は雨の日が多く、洗濯物が乾きにくいため1週間分ぐらい持ってくると便利です。
冬物コート 台北は冬は最低8℃ぐらいになるので冬物コートは必要です。
もちろん台湾でも手に入りますが、日本のものの方が防寒なので1着は持って行きましょう。
消臭剤 台湾料理はとても美味しいのですが、中にはにおいが強烈なものも!
特に火鍋を食べに行ったら全身お鍋の香りに包まれます。
台湾では服に吹き掛ける式の消臭剤が少なく、売っていても高いため、荷物に余裕がある方は持ってきましょう。

持って来なくて良かったもの 重要度★★

シャンプー/リンス 台湾ではかなりの日本メーカーのシャンプーが売っています。
そこまでこだわりがない方はわざわざ日本から持って来ず、現地調達で十分です。
日本食品 こちらも同様SOGOや三越などで簡単に手に入ります。
値段も日本より少し高いぐらいなので持って来なくても大丈夫です。
ですが台湾人は日本の食べ物やお菓子が大好きなのでお土産には大変重宝します。
筆記用具 筆記用具が売っているお店がとても多く、値段も日本より安い場合が多いので、最低限持ってくれば大丈夫です。

持って来ても使わなかったもの 重要度★

変圧器 日本と台湾では差が10Vだけなので、変圧器なしで日本の製品が使用できます。
マルチプラグ コンセントの形も日本と同じなので必要ありません。
水着 台湾は南国のイメージがありますが、台北周辺はビーチがとても少ないです。
南部のリゾート地や離島へ行く予定がある方は持って来たほうがいいですが(台湾はあまり水着が売ってないので)
そうでない方は留学期間一度も使わない場合も十分あります。
また台湾の温泉は公衆の混浴以外基本的に日本と同じ水着を着用せず入浴します。
雨具 台湾は夏は夕方スコールのような雨が毎日のように降り、台北は冬でも降水確率が高く、
雨具は必須なのですが、台風シーズンは強風で傘はすぐ壊れてしまいます。
あまり可愛い傘や高価な傘を持ってくると後悔するため、現地調達にしましょう。だいたい100元~(400円以下)手に入ります。

台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日)