台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム

中国語の各種検定試験
中文檢定考試

中国語の各種検定試験について

 中国語を学習する上で現在の自分のレベルチェックとして、または学習の達成目標として検定試験を受けたい方も多いと思います。中国語検定はいくつかありますが、次に紹介するものが最もメジャーです。

中国語検定試験

 日本の「日本中国語検定協会」が実施している検定試験です。
そのため問題文は日本語で記載されており、試験内容の中には中日または日中の翻訳問題があります。

検定試験レベル:準4級、4級、3級、2級、準1級、1級の6段階があり、最高レベルは1級になります。

◇中国語検定試験のメリット
 ・日本の中国語検定であるため日本での進学や就職に使うことができます。
 ・文法の基礎が身に着きます。
 ・日中・中日の翻訳の勉強にもなります。
 ・台湾でも受験可能です。

◇中国語検定試験のデメリット
 ・試験問題は簡体字表記なので、事前に簡体字に慣れる試験対策は必要です。

HSK

 HSKは中国政府認定の中国語検定試験です。
試験内容は中国語を用いたコミュニケーション能力の測定に特化しており、問題文も全て中国語です。

検定試験レベル:1級、2級、3級、4級、5級、6級の全6段階があり、6級が最高レベルとなります。

◇HSKのメリット
 ・世界中で知名度があるため、中国や海外で進学、就職したい方にはお勧めです。
 ・日本でも徐々に知名度が上がってきています。

◇HSKのデメリット
 ・台湾で受験できません(日本、中国、または香港などで受験する必要があります)
 ・試験問題は簡体字表記なので、事前に簡体字に慣れる試験対策は必要です。

TOCFL

 TOCFLは台湾の「国家中国語能力試験推進委員会」が実施している中国語試験です。
試験内容は中国語を用いたコミュニケーション能力の測定に特化しており、問題文も全て中国語です。

検定試験レベル:レベルは3クラス(Band A、Band B、Band C)6レベル(Level 1、Level 2、 Level 3、 Level 4、 Level 5、 Level 6)

◇TOCFLEのメリット
 ・台湾で進学、就職したい方にはお勧めです。
 ・試験内容は全て繁体字なので、日頃から慣れている分受験しやすい試験です。
 ・台湾で受験可能です。

◇TOCFLのデメリット
 ・台湾以外では全く知名度がないため、台湾以外の国ではあまり役立ちません。

台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日)