台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム

台湾とフィリピン 2ヵ国留学
臺灣跟菲力賓 兩國留學

2ヵ国留学の概要

「2ヵ国留学」とは、短期で安く効率的に英語を力を伸ばせる留学先として近年注目を浴びている国、フィリピンでの語学留学と、もう1ヵ国での本格活動を組み合わせた留学のことです。まずフィリピンで英語を強化し、ある程度できるようになった上で本命の国で進学やワーキングホリデーで仕事、または(初心者レベルを突破済みでこそできる)もっとハイレベルな語学研修へと進む、費用も時間も節約できる留学スタイルとして人気となっています。
しかし、フィリピンから2ヵ国目へ、という流れではない形の2ヵ国留学もまた誕生しつつあり、今では、わりと自由な校風の欧米の学校からフィリピンの合宿式の授業で追い込み、という順番が逆のやり方も出てきています。

台湾とフィリピンを組み合わせる2ヵ国留学は「2ヵ国」だけでなく「2ヵ国」、つまり2言語を学ぶ語学留学となります。中国語をマスターしたら次は本格英語学習に挑戦してみてはいかがでしょう?
世界的に見ても圧倒的に使用人口の多い言葉が二つも使いこなせると、グローバル人材としての自分もより磨かれます。

なぜフィリピンで英語留学なのか:フィリピン留学の特徴

フィリピンの英語学校では、従来の語学学校とは根本的に学習スタイルが違います。そのフィリピン式の指導が「短期で安く効率的に」という評価を得ているのですが、人によって相性の良し悪しもあるので、決断をする前にまずは基本を知っておきましょう。

特徴1:長時間の1対1授業が基本

従来、語学学校の授業は講師1人が10人前後の生徒をレベル別で分けたグループで指導する形で行われます。しかし、フィリピンの英語学校では講師は生徒1人につき1人、つまりマンツーマン体制で授業を行うのが基本です。授業時間も、欧米圏の学校の1日3-4時間前後と対照的に、1日6-8時間とかなり長くなります。この密度の高い勉強が、短い留学期間でも英語力を伸ばせる大きな理由です。

特徴2:学校は授業外の活動も徹底管理の全寮制

もうひとつフィリピンの語学学校で特徴的なのが、学校が「全寮制」であることです。プログラム料金は授業料だけでなく、学校が手配する学生寮(プレミアム価格となるとリゾートホテルやコンドミニアムの利用も可能)の滞在費、そして学校の食堂などで取る食事の代金も含まれていて、在学生はみんな英語の勉強合宿に来ているかのように生活します。時間割も起床時間から放課後の自習の時間まで細かく決められ、怠けようがない管理体制となるのもポイントです。規則を守っていれば他のことは気にせず勉強に集中できる環境だというのも、短期集中型の留学に合っていると言えます。

特徴3:とにかく低価格で行ける

フィリピン留学の大きなメリットは、「長時間の個人指導、滞在費と食費も料金込み」にもかかわらず低価格で行けることです。寮の部屋のタイプにこだわらず、航空券もLCCなどを利用して安く抑えれば、1ヶ月(4週間)でも合計25万円くらいの予算内で収めることも不可能ではありません。時間もお金も限られている方にこそ人気の留学先なのです。

台湾人にも人気のフィリピン英語留学

フィリピンへの英語留学は元々韓国で立ち上がったもので、そこから日本でも認知度が上がり現在の人気を確立しました。そして、今フィリピン留学は台湾でも徐々に人気が高くなってきています。
英語の勉強の1回切りの留学だけでなく、従来の2ヵ国留学の形である「フィリピンで英語+欧米で本格活動」の第一ステップとして渡航する台湾人留学生も増えているのも、「欧米・オセアニアに留学するなら語学より進学、アルバイト」という意識が強い台湾人学生の要望に「フィリピン留学」が応えているからこそです。
日本から台湾へ発った皆様も、現地でできた友達と一緒に今度はフィリピンで英語学習をしてみては?

「台湾」留学センターのフィリピン留学

なぜ「台湾」留学センターがフィリピン留学の手配ができるのか不思議に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞご安心ください。
台湾留学センターを運する株式会社DEOWは、フィリピンの語学学校も最大級で取り扱い、個人の留学から法人研修まで様々な要望に沿った学校とプログラムの案内をしております。フィリピン+欧米の通常の2ヵ国留学の手配実績も確かです。帰国後も、東京・大阪・名古屋のオフィスでどうぞお気軽にご相談ください。

台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日)