台湾留学なら台湾留学センター

  • 台湾留学センターのfacebook
  • 台湾留学センターのインスタグラム

台湾の大学に入りたい人必見!大学で絶対使う中国語

台湾の大学に入りたいなら、知っておいて損のない中国語をご紹介!

 語学留学を経て、台湾の大学に進学したい人にぜひ知っていてほしい、「台湾の大学でよく使う、語学学校では教わらない中国語」をご紹介したいと思います。あなたは何個知っていますか?


Content

もうすでに知ってるかも!まずは基本編をおさらい


 まずは、比較的簡単で、その上かなりよく使う単語をご紹介します。




 
 
中国語 意味
選課 xuǎnkè 履修登録
註冊 zhùcè 登録 
學分 xuéfēn 単位
課表 kèbiǎo 時間割
分組 fēnzǔ グループ分け

Point① もし、学校のスケジュールに 「註冊日」と書かれていたら、それは学費を納め、登録する日ですので、忘れずに!!
Point② 台湾の大学はとにかく分組!「分組討論(グループディスカッション)」や「分組報告(グループプレゼンテーション)」などがとても多いです。授業で、教授が言ったときにすぐ理解できるようにしておきましょう~。

よく使う大学中国語―正式編―!

 続いて、大学でよく使う正式な中国語の上級編です。大学専門用語なので、語学学校ではなかなか聞かない単語が多いかもしれません。こちらは、台湾の大学では必ず使われる言葉たちなので、しっかり覚えておきましょう!




中国語 意味
加簽 jiāqiān  履修訂正
雙主修 shuāngzhǔxiū 二重専攻
輔系 fǔxì 副専攻
通識課 shuāngzhǔxiū 教養科目
蹺課 qiāokè さぼる
當掉 dāngdiào 単位を落とすこと
Point①一般的に、台湾の大学では希望の授業を選択する履修登録期間があり、その段階を終えて、取りたい授業が取れなかった場合、新学期の一週間目(学校によっては二週間目)に「加錢」という期間が設けられ、取りたい授業に行って先生にお願いしてサインをもらう仕組みになっています。
Point②「通識課」とは卒業単位のうち、決められた単位を取らなくてはならない教養科目のことで、学校によって取らなくてはならない単位の数は違いますが、外国語、中国語、自然、社会、文学など必ず取らなくてはならない通識課があるので、1年生や2年生のうちに取り終えておくと楽ですよ~。

よく使う大学中国語―若者言葉編―!-


 続いては、大学生たちがよく使う大学に関するスラングをご紹介します。これを知っているとびっくりされるかも?!



中国語 意味
歐趴 Ōupā フル単(All passオールパスという英語が語原です。)
雷 léi   役立たず(グループなどで何もしない人)
很重 hěnzhòng /很硬 hěnyìng (授業内容や単位の取得が)難しい、厳しいという意味。
很涼 hěnliáng (授業内容や単位の取得が)楽、簡単という意味。
推推~ tuītuī おすすめ!(書き言葉です)


まとめ



 いかがでしょうか?
あなたはいくつご存知でしたか?
台湾ならではの表現があって面白いですよね、大学に行く方は遅かれ早かれ耳にする言葉たちなので、先に知っておくと便利ですね





台湾留学のご相談はこちら

0120-4192-0910時~20時(月-金)/10時~19時(土日祝)